スマートスピーカとは?

 

近年、スマートスピーカ(AIスピーカ)が話題です。スピーカに話しかけるだけで商品を注文したり、明かりを消したり、掃除機を動かしたりするテレビコマーシャルを見たことがある人も多いでしょう。ではスマートスピーカとはどんなものなのでしょうか。

スピーカ自体にAIが搭載されているわけではない!?

スマートスピーカと言えば、アマゾン・ドット・コムの「Echo」、グーグルの「Google Home」、マイクロソフトの「Invoke」、アップルの「HomePod」、LINEの「Clova」などが有名ですね。

スマートスピーカとは、音声で人工知能(AI –artificial intelligence  )アシスタントサービスを利用できるようにした製品をいいます。「AIスピーカ」と呼ばれることもありますが、スピーカ自体にAIが搭載されているわけではありません。

アップルは「Siri」、アマゾンは「Alexa」、マイクロソフトは「Cortana」と呼ばれるAIアシスタントをそれぞれ開発していますが、これらのサービスを、スマートフォンやパーソナル・コンピュータ(パソコン)がなくても利用できるようにした製品がスマートスピーカです。音声でやりとりしますが、基本的にできることはインターネットサービスと同じです。利用者のことばを自然言語処理技術によって理解し機械的に回答を返す仕組みで、AIを活用することで認識精度がどんどん向上しています。

スピーカに話しかけて家電製品から車までをコントロールすることが当たり前になる日も近いかもしれませんね。

ImageQuest: MEHAU KULYK/SCIENCE PHOTO LIBRARY / Universal Images Group

人工知能(AI) やスマートスピーカについてもっと知りたいと思ったら……

ブリタニカ・オンライン・ジャパンの「人工知能――リスト集」や「人工知能と将棋ソフト――リスト集」をご覧ください。ディープラーニング機械学習machine learning)など人工知能に関連する技術や、将棋やチェスにおける人工知能を利用したソフトの開発競争などの記事を厳選して掲載しています。効率よく知識を得ることができます。


上記のリンク先をご覧になるには、ブリタニカ・オンライン・ジャパンへのアクセス権が必要です。

ブリタニカ・オンライン・ジャパンは、中学校、高校、大学、図書館、企業など、国際社会で活躍する人のリサーチをサポートするオンライン百科事典データベースです。

Britannica ImageQuestは、教材作成などの作成に使えるさまざまな分野の貴重な写真やイラストを300満点以上収録している画像データベースです。