ブリタニカ国際年鑑

Yearbook

一年間に世界で起こった出来事や注目された人物を、政治経済から科学、芸術、スポーツの分野まで幅広く収録。さらに、国際情勢と地域の理解に役立つ解説と統計を掲載しています。一冊で、世界と日本の動静をつぶさに把握することができます。
1975年から毎年刊行されている『ブリタニカ国際年鑑』は、資料としても読み物としても、長年にわたり多くの読者に支持されています。


2019

[NEW]

2018年の世界の出来事や注目された人物を、幅広く収録しています。さらに、地域情勢についての専門家の解説を新たに追加。正確なデータと解説で激動の2018年を振り返ります。

2019年版では、iPS細胞の産みの親である山中伸弥氏と、映画監督の河瀨直美氏が「平成」を振り返ったエッセーもお読みいただけます。


詳しくはこちら

2018

ブリタニカ百科事典創刊250周年特別版

ブリタニカ百科事典創刊250周年を記念した特別版です。初版に掲載されたアンドルー・ベルの貴重な銅版画や、錚々たる歴史上著名な人物から寄稿された珠玉の文章の一部を翻訳して掲載。さらに、「明日へのメッセージ──31の特別寄稿」と題し、現在世界で活躍する名だたる著名人のエッセーを収録しています。


詳しくはこちら

〜2017