Britannica Newsletter

ホーム ニュースレター > 2013.10.29 発行

2013年 リニューアル!
Britannica School の魅力 Part II

Vol.20 | 2013.10.29 発行 | Britannica School

2013年7月、世界中の多くのお客様にご利用いただいている英語圏の小中高等学校向け百科事典オンラインサービス Britannica Online School Edition(BOLSE)が、Britannica School と名称を改めリニューアルしました。本号では、前号に続き、生まれ変わったBritannica School の魅力をご紹介します。

アクティブ・ラーニングをサポート

いま、児童・生徒が主体となって課題研究や問題解決に取り組む形式の学び、アクティブ・ラーニングが注目されています。Britannica School は、百科事典のほか、マルチメディアコンテンツ、電子書籍、ブリタニカの編集者が厳選したウェブサイトなどの豊富なコンテンツに加えて、それらを活用するためのさまざまなツールを備え、児童・生徒が主体的に学習に取り組めるようにサポートします。

Britannica School - Middle のトップページBritannica School - Middle のトップページ

Discover Britannica!

キーワードを入力して検索するだけがBritannica School の使い方ではありません。Britannica School ならではのユニークなメニューを使うことで、児童・生徒は数多くの新しい発見をしていくことができます。

  • Subject:動物、芸術、スポーツ、科学技術などの分野別に表示できます。
  • Biographies:人物について時代、国/地域、分野などの条件で調べることができます。
  • World Atlas:Googleマップと連携した世界地図です。地図から各国の記事や関連情報を参照できます。
  • Compare Countries:任意に選択した2つの国を左右に並べて表示し、それぞれを比較しながら調べることができます。

 

Did you know?

トップページや記事ページでときどき見かける「Did You Know?」。児童・生徒が自ら学び始めるきっかけとなるような豆知識や意外性のある付加情報をコラムで紹介します。たとえば、「ウナギは6,500万年も昔から生息していた…って知っていた?」「野生のトラが見られるのはアジア・オセアニア地方だけ…って知っていた?」など、児童・生徒の知的好奇心や探究心を育てるトピックを写真やビデオを交えて紹介します。

How Tos (Middle / High)

児童・生徒は、アクティブ・ラーニングを通して、自ら問題を発見し、それをグループで議論し、どうしたら解決できるかを考えいきます。しかしこのような学習形式に慣れていないうちは、どこから手を付ければよいかわからない場合もあるでしょう。そのようなときに利用するのが How Tos です。How Tosには、テーマの選定から始まり、情報収集の方法、仮説の立て方などをまとめた Research Papers、効果的なプレゼンテーション手法をまとめた Presentations など、参考になる資料が揃っています。

Workspace から My Britannica

My Britannicaの例

My Britannica – Woman Leaderタグを表示」

これまで Workspace と呼ばれていた機能は、My Britannica と名称を変えて生まれ変わりました。気になる情報を保管するパーソナルスペースとしての機能はそのままに、情報を整理するスペースとしての機能を大幅に強化しました。

My Britannica にログイン、気になるアイテムを登録

まずは任意のユーザー名とパスワードを登録して My Britannica アカウントを取得しましょう。アカウント取得後、ユーザー名とパスワードでMy Britannica にログインし、検索・閲覧を通じて収集した情報を保存しておけば、あとで読み返す際に再度検索する必要はありません。

My Britannica にアイテムを登録するのはとても簡単です。記事ページにある☆(favoriteアイコン)をクリックするだけ。少しでも気になる情報はどんどん My Britannica に登録して、あとで読み比べてみましょう。

My Britannica のアイテムはタグで整理

My Britannica 内のアイテムを整理するときに便利なのがタグです。タグは情報を分類するための識別子のようなもので、任意の名前を付けることができます。ひとつのアイテムに複数のタグを付与することもできます。それぞれのアイテムに学習テーマに関連するタグを付与しておけば、あとで情報を整理するときに役立ちます 。

 

(注意)

※ここに記載されている内容は、ニュースレター作成時点の情報です。

※ご覧になった時点で、内容や仕様などが変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページのトップへ