Britannica face to face

オンラインサービスホーム > face to face vol.1前編 (1)

Britannica face to face Vol.1

憲法学の専門家として、また、ニュース番組のコメンテーターなどとしても活躍し、いま若手の法学者として最も注目を集めている首都大学東京の木村草太教授。多忙をきわめるなか、木村教授の研究室を訪れ、お話をお聞きしました。そのインタビューを今回から前編・後編の2回に分けてお届けします。インタビューの前編では木村教授の学生時代の思い出や法学、なかでも憲法学を志すにいたった道のりなどについて楽しくお話しいただきました。  (聞き手:編集部)


── 木村教授は中学生の頃に「憲法」に関心をもったということですが、ほかに興味対象が移るようなことはありませんでしたか。


憲法のことだけ考えて大人になったわけではないので(笑)。それなりにいろんな興味はもっていましたよ。でも職業に結びつく学問として法律を学ぼうと決意しましたね。最初は法曹界で、裁判官のような実務家を目指そうかと思ったりしたわけですけど、職業としては裁判官より学者のほうがおもしろそうだと考えるようになりました。


たとえば裁判官ですと仕事の対象を自分で選べません。訴訟や調停などの事案を法学的に正しく処理するという作業ですから。でも法学者の場合は、自分の興味ある分野について論文を書いて、そこで勝負できる。戦う場所を自分で選んで、過去にある誤った理論を正していくということが可能な仕事なんです。自分の興味を見つけてそれを掘り下げる。それが重要だと思います。


── 早い時期に法学に興味をもたれて、その後も読書にはたくさん時間を費やされたと思います。専門書以外で影響を受けた書物は、どのようなものがあるでしょうか。


まず、筒井康隆ですかね。全般的に好きですけど、特に彼のドタバタの短編ですね。あそこがまず出発点になっている気がします。ほんとうにいろんなものをいろんな手法でお書きになっているかたなので。


── 教養というとかしこまった言い方になってしまうのですが、読書や調べものをして知識を身につけるといったように、若い人たちに勧める教養の身につけ方はありますか。


教養というのは、むりやり身につけることはできません。大切なのは、まず“気分”です。たとえば、筒井康隆のこの本を読みたいという気分になったときに本を開かないと、その価値を発揮しないと思うんです。それは専門的な書籍でも同じです。テストがあるからこれを読む、勉強する、というのもとても大事です。ただ、教養というのは、ふと気になったときに本を読んだりして知識を得るようにしていかないと、なかなか身につかないんじゃないかと思います。


1 2 3