Britannica History Since 1768

Britannica History

『ブリタニカ国際大百科事典』が誇る歴史と伝統は、
各時代を彩る偉大な寄稿者によって紡がれ、継承されてきました。
その 2世紀あまりの時間をひもとくことで見えるのは、
世界という舞台そのものの「知の歴史」なのかもしれません。

1768

銅版画家アンドルー・ベル、印刷業者コリン・マックファーカー、ウィリアム・スメリーがエディンバラ(スコットランド)にて百科事典の編集・制作を開始。

1771

Encyclopædia Britannica(ブリタニカ百科事典)初版完成。

  • ジョン・ロック『人間理解』※没後寄稿
  • ベンジャミン・フランクリン『電気』

1797

第3版完成。
ジョージ・ワシントン、アレクサンダー・ハミルトンらがアメリカ初の購買者となる。

1801−1827

第4版『アメリカ』の項に「合衆国憲法」が掲載される。
エディンバラ大学教授M.ネーピアが編集に加わる。
「出版界のナポレオン」と呼ばれた発行人 A.コンスタブルが没し、初期のブリタニカが第6版をもって幕を閉じる。

  • D.リカード『ファンディング・システム』
  • T.R.マルサス『人口』
  • ウォルター・スコット『中世ロマンス』『騎士道』『戯曲』
  • ジェームス・ミル『政府』ほか12項目
  • ウィリアム・ハズリット『美術』ほか3項目
  • J.-B.ビオ『電気』『電流』『振り子』

1850

発行人アダム・ブラックが教育への貢献を認められ、イギリス女王より騎士の称号を約束されながらも辞退。

1860

第8版完成。

  • D.ブルスター『写真術』
  • J.H.バートン『投票』『共産主義』
  • ケルビン『電信』
  • ロバート・スチーブンソン『鉄橋』
  • ウォルター・バジョット『動産銀行』

1875−1889

セント・アンドリュース大学教授T.S.ベインズやウィリアム・R.スミスが編集に携わる。
the Scholar's Edition(学究に愛された版)として名高い第9版完成。
日本橋丸善で輸入販売が開始され、伊藤博文、尾崎行雄、徳富蘆花、犬養毅らが購入。

  • P.クロポトキン『アナーキズム』

1889−1911

アメリカ(ニューヨーク)とイギリス(ロンドン)の二大編集部体制を強化。
アメリカへ版権移行。
ケンブリッジ大学出版局が発行母体となり、第11版完成。

  • アーサー・S.エディントン『星雲』
  • ファン・ヒョーゲル『ヨハネ福音書』
  • ジェームズ・H.ジーンズ『分子』
  • ジョーゼフ・リスター『粘菌類』
  • アーネスト・ラザフォード『放射能』

1926

第1次世界大戦直後、第13版完成。

  • マリー・キュリー『ラジウム』
  • L.D.トロツキー『レーニン』
  • ヘンリー・フォード『大量生産』
  • A.アインシュタイン『時空』
  • S.フロイト『精神分析』
  • G.B.ショー『社会主義-理と展望』

1929−1974

第14版完成。
シカゴ大学が全版権を取得。
Encyclopædia Britannica, Inc.設立。

  • G.K.チェスタートン『チャールズ・ディケンズ』
  • ジョン・スマッツ『全体論』
  • K.スタニスラフスキー『劇場』の一部
  • ラルフ・バンチ『モザンビーク』ほか3項目の一部

1975

15年の編集期間を経て、第15版完成。
日本版『ブリタニカ国際大百科事典』初版刊行。
日本版『ブリタニカ国際年鑑』刊行開始。

  • アルフレッド・ヒッチコック『映画』
  • ジョン・F・ケネディ『エルズワース』
  • 遠藤周作『サド』
  • 江藤淳『夏目漱石』
  • 岡本太郎『仮面』
  • A.J.トインビー『カエサル』
  • ポール・A.サミュエルソン『福祉経済』
  • 竹内均『地球』

1990−2000

CD-ROM版百科事典 Britannica CD 完成。
インターネット版百科事典 Britannica Online サービス開始。

2001

15万項目収録の日本版 CD-ROM『ブリタニカ国際大百科事典 Quick Search Version』、LAN版とともに完成。

2006

日本版『ブリタニカ国際大百科事典』のオンラインサービス「ブリタニカ・オンライン・ジャパン」サービス開始。

2012−Beyond

Encyclopædia Britannica は第15版をもって書籍版での発行・販売を終了。電子版のみとなった。

過去の記事を読んでみよう!

英語で書かれた最古の百科事典であるブリタニカには、
当時の時代背景をうつした興味深い項目がいくつもあります。
今日ではあたりまえに知っているような事柄も、その昔には別の解釈があったかもしれません。
時代を感じさせる、貴重なその一編にふれてみませんか?

タバコ
「聖なる薬草」は毒か薬か

健康に悪影響を及ぼすことが指摘され、現代社会では問題視されているタバコ(喫煙)ですが、かつて頭痛や鼻炎の治療に役立つと考えられていた時代がありました。化学的な研究が進む前の時代の日常生活をうつした貴重な資料ともいえるでしょう。

初版(1771)の記事を読む

「タバコ」 --- 「聖なる薬草」は毒か薬か

初版(1771)

タバコの摂取法には,鼻で嗅いだり,噛んだり,パイプで喫煙するといった方法がある。小さく丸めたタバコを鼻に入れてもいい。その場合,頭痛や鼻炎を緩和させたり,呼吸を楽にするといった効果がある。これは呼吸によって,タバコの微粒子が気管と肺に入り,そこに付着して気管や肺の不快感をやわらげるうえに,痰が切れやすくなるためだ。

タバコを一晩中,鼻に入れたままにする人もいるが,この方法だと翌朝に嘔吐するケースがよくみられる。鼻からタバコを摂取する方法には,視力が落ちるという弊害もある。大量のタバコを鼻で嗅ぐと,嗅覚がそこなわれ,食欲がかなり減退することがわかっており,いずれは結核になるおそれがある。

パイプなどで喫煙すると,脳組織を乾燥させ,ダメージを与える。ボルヒはバルトリンにあてた手紙で,タバコの吸いすぎで脳が極度に乾燥した男性を死後に解剖したところ,脳が小さな黒い塊になっていたと書いている。

嘔吐剤としてタバコを利用する人もいるが,これはとても危険で,無意味な慣習だ。激しい嘔吐を招くし,気分も悪くなる……。タバコから抽出した油をネコの舌に 1,2滴たらすと,激しい痙攣を起こし,1分以内で死ぬ。この油は歯痛の治療に利用されているが,この治療法は普段からタバコを摂取している患者にしか使えない。タバコを摂取する習慣がない人に用いると,気分が悪くなり,嘔吐を繰り返すなど,さまざまな副作用が表れる。

カリフォルニア
カリフォルニアが島だったとき

アメリカ合衆国とメキシコの国境から延びるカリフォルニア半島。初版では「半島か島かは定かではない」とされていましたが、第2版では「地続きの半島だとわかった」との記載があります。当時のブリタニカが編集されていた地(スコットランド)から遠く離れた未開の地が、実は…。知見が科学的に更新されていく様子が見てとれます。

初版(1768)と第2版(1778)の記事を読む

「カリフォルニア」 --- カリフォルニアが島だったとき

初版(1768)

西インド諸島にある広大な地域。西経116°~138°,北緯23°~46°に位置する。半島なのか島なのかは定かではない。

第2版(1778)

アメリカ大陸にあるスペイン領の中で最北部に位置する地域。「ニューアルビオン」や「イスラス・カラビラス」と呼ばれることもあるが,最も古くから用いられている呼称は「カリフォルニア」である。カリフォルニアという名前は,何かの事件や出来事に由来するものか,インディアンの言葉を誤解したスペイン人によってつけられたものだろう。長い間,カリフォルニアは島だと考えられていたが,ドイツ人のイエズス会士カイノの報告によって,ニューメキシコの海岸やアメリカ南部と地続きの半島だということがわかった……。

カリフォルニアは端から端までの距離が約1300kmに達するので,場所によって土壌や気候は大きく異なるに違いない。実に緑の美しい土地がある一方で,荒涼たる砂漠がいくつも存在するということは,確かな資料から明らかだ。イエズス会士ビネガスら信頼できる人々の報告によると,カリフォルニアには荒れ地や岩場が多いが,文化的な生活になじんだ人が必要とする物もすべて入手可能だし,決して不便な場所ではない。気温の高い地域もあるが,心地よい風が海からの湿気を吹き払い,厳しい暑さを和らげてくれるという……。

バスティーユ
バスティーユが陥落した

フランス革命の出発点となった、1789年のフランス・パリの城塞「バスティーユ」の陥落。そのときブリタニカは「バスティーユ」「フランス史」という項目をアップデートしました。今では教科書で知るような歴史的大事件をリアルタイムで経験したブリタニカが、当時のことを振り返っています。

第4版(1810)の記事を読む

「バスティーユ」 --- バスティーユが陥落した

第4版(1810)

1789年7月14日にパリの民衆によってバスティーユが占拠されたことは,まだ記憶に新しい。民衆が監獄を占拠したとき,とらわれていたのは 7人だけで,非人道的な迫害を受けていたようにみえる人は皆無だった。

第4版の「バスティーユ」の項目には,民衆の蜂起についてこのような説明しかないが,「フランス史」の項目には詳しい記述がある。バスティーユは,パリの民衆の激しい怒りの標的となった。午前11時,ド・ラ・ロジエールは民衆の代表者の先頭に立ち,バスティーユの M.ド・ロネ司令官を待っていた。司令官は,攻撃されないかぎり,民衆に発砲しないと約束した。だが,約束をかわしたすぐ後,民衆をバスティーユの中に案内してから,態度を翻して人々を虐殺したという話がパリ中に広まった。

このあたりの経緯は,いまだに明らかになっていない。バスティーユ側はこうした事実はなかったと主張しているが,当時のイギリス大使は,虐殺が起こったのはまちがいないとフランスの法廷で証言している。

虐殺の話が伝わると,民衆の間にバスティーユを襲撃すべきだという声が高まった。彼らはバスティーユの外庭に突入し,そのまま建物内部に入って,中庭になだれこんだ。それから 1時間にわたって激しい戦いが繰り広げられた。すでに民衆の側に立っていた兵士が,冷静かつ巧みに攻撃を指揮した。彼らはわらを積んだ 3台の荷車を壁の近くに並べ,火を放った。バスティーユ側の兵士は煙で視界を失ったが,壁から離れていた民衆が混乱することはなかった。包囲された多数の民衆は反撃に転じた……。